Product Benefits

FLKCATフィルターを使用することで様々な効果が得られます。下部をクリックしてより多くの情報をご覧ください。

GREATER TEMPERATURE RANGE

触媒とセラミックフィルターを共に300-350℃にてよく使用されます。この温度は液体の露点の問題からおそらく外れており、触媒の性能を低減させるABS(硫酸水素アンモニウム)の生成温度より高い温度です。この温度はNOx除去における最適な反応温度でもあります。この新しいフィルターはSOxの削減にも有効です。通常SOx除去は酸露点による腐食が問題となる140℃付近で行われます。これは通常広く知られておりませんが、SOx除去の反応効率は温度上昇と共に240℃付近で最も悪くなりますが、そのまま上昇させていくと反応効率は再度上昇していきます。250℃における反応効率は140℃と相当ですが酸露点の問題は起こりません。

その為、300-350℃の温度域はダスト除去、SOx除去、NOx除去の3つの除去において最も効率の良い温度となります。

PERFORMANCE UPGRADE

セラミックフィルターと触媒の融合は他の効果も生み出します。通常のSCRでは従来のバグフィルターからの吹き漏れにより触媒を物理的に覆う事により徐々に効率が低下する事が良く知られております。これは通常の触媒クリーニングにより対策可能ですが、元の効率まで復元させる事は出来そうにありません。この効率低下はダスト中に触媒を被毒させる化学物質が含まれる場合、より顕著になります。これらのナトリウムやカリウム塩を含む物質は例えばバイオマス/ごみ発電やガラス産業等の多くの排ガス中に含まれます。

セラミックフィルターの壁の中に触媒を担持する事でこれら2つの効率低下原因から触媒は守られます。セラミックフィルターの非常に高い捕集性能は例えサブミクロンサイズのガス中の粒子でさえ触媒との接触を防ぎます。この事は触媒の効率を高め、もちろん触媒の寿命を伸ばし、クリーニングやメンテナンスの必要性を否定します。これは従来の触媒システムと比較して非常に重要な利点です。

もう一つの重要な利点は触媒の性能に対し目に見えるバラつきによる制限が無い事が挙げられます。一般的な触媒システムでは、SCRの触媒ビーズ中をガスが通過する際抵抗が発生します。新しい複合型触媒セラミックフィルターでは、単にセラミックビーズの表面にコーティングしたものよりも、フィルター内部に均等に触媒が担持されております。この事から、ガスがフィルター内部を通過する際にナノサイズの針状の触媒との接触を可能にします。触媒のバラつきは無く、流れは1方向に触媒を通過していきます。                                                       この触媒とガスの接触機会を増やす効果により、反応効率は改善されます。

PRODUCT FEATURES
FAQ

© 富利康科技股份有限公司|Clean Air Technology Limited.
網站瀏覽數: